読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おじさん系営業ウーマンの思いつかない日記

潰瘍性大腸炎になったメンヘラ女子が独り語り。

グロテスク下

グロテスク〈下〉 (文春文庫)

グロテスク〈下〉 (文春文庫)


やっと書く気になったので。

いや〜今まで上下巻あってちゃんと下まで買って読んだの初めてかも。
どっかで聞いた話なんだけど、文庫にするときに上下巻分かれちゃうのって売れないからあまり出版社としては上下巻にしたくないらしい〜〜
そう。ごもっとも。でも今回は違ったね

上巻の主人公の妹の日記に引き続き、主人公の妹を殺した犯人の手記、主人公の高校時代の同級生の日記、そして主人公の語りと登場人物によって書いていることが微妙に違って、真実は読者に委ねられている。
書いてる人がサスペンス作家さんだから、どこがサスペンスなんだろうと思ってたらそういうことだったのね、
ここまでネタバレなし、だよね?

グロテスクだったねえ
まあその妹たちがしてることもだけど、人間の内面のグロテスクな部分がよく描写してあったね
ここまで描けるってすごいなあ

モデルになった学校って慶応なのかな〜解説にもあったけど、そこ出身の人が、本当本に書いてあったまんまだったって言ってたから、慶応ってあんな感じなのかな。怖いね。
私の知り合いで幼稚舎から慶応の人いるけど、もうね。違うもんね。うん。

本には私の知らない世界のことがたくさん書いてあるので面白いです。だって慶応がそんな学校だって知らなかったし、娼婦がどういう仕事かも知らなかったし、一流建設企業の中身も知らなかったし。

今は知らない仙台と思考についての話を読んでいます。

その次は何読もうかな。
村上春樹ノルウェイの森しか読んだことないんだけど、他にも面白いのあるかな?色彩を持たない多崎?だっけ?すぐる?と彼と巡礼の年とか羊をめぐる冒険?的なやつとかハードボイルドと世界の終わり?みたいなやつとかなんかいろいろ忘れたけど冬って村上春樹って感じしない?読んでみたいな
辻村深月も前に凍りのくじら読んだけど面白かったな〜
イニシエーションラブの原作面白いって聞いたしな〜
読者の秋だけじゃなくてたくさん本読みたいな、
君の膵臓を食べたい読みたいけどハードカバーなのが難
私基本本読むの電車の中だからハードカバーだと重いしかさばるし読みにくいしおまけに値段も高い。

明日は1限だ、でも金曜休講で全休!おまけにバイトもない!最高!
翻訳の課題やらなきゃ!
時間を大切に使うのと、周りに感謝しなきゃね〜〜柄でもないけど。