おじさん系営業ウーマンの思いつかない日記

潰瘍性大腸炎になったメンヘラ女子が独り語り。

三人寄れば文殊の知恵って本当だと思う

本を読んでいると、自分の思考が少し整理される気がする。


昨日友達を待つのに本屋へ行った。

最近心の余裕がなくて、あまり活字のコーナーへ行くことがなかったんだけど、
昨日は学校に行けたしなんか良い日だったから、久々に行ってみたら、読みたい本が山ほどあって浮き浮きした。

ランキングの棚で、
ここからここまで全部!
ってやってみたい衝動に駆られた

文庫だったから1位から10位まで10冊買っても1万円いかないくらいだと思うけどね。

でももう少し金銭的な面で余裕がある時までその憧れは置いておく。

とりあえず一冊だけチョイスしてみた。

ギケイキ:千年の流転

ギケイキ:千年の流転


これ

今日読み始めたけど、おもしろい

本屋で遭遇した時は、
このカラフルな表紙と、『ギケイキ』のカタカナ表記に目を奪われた。
『ギケイキ』が『義経記』と理解するまで少し時間がかかったので、本当にこれが「目を奪われる」だな〜と思ってしまったくらい

で、手に取ってパラパラとページをめくると、
ああこれただ単純な歴史小説じゃないなと
私が好きな、『清須会議』と似たようなパターンだな〜と
(純粋な歴史小説の硬さがなく、ベースは歴史にしつつも、エンターテイメント性が強い、歴史をテーマにした小説)

歴史は好きなんだけど、歴史小説の硬さがなかなか馴染めない
だから歴史小説は何冊か家にあるんだけど、なかなか進まない

だから最近歴史小説は敬遠してたけど、久々に私が好きそうな本見つけてハッピー。

内容は、義経記の現代語版(超訳)みたいな感じ。

これから義経がどうなっていくか楽しみ。


たまに来る読書週間

今回は読みたい本がいっぱいなので長引きそうです。


あと最近やっと卒論の本読み始めた。

卒論についても詳しく今度書こうと思う。



面接の結果が来なくてそわそわする。

でも頭の中が、就活10だったのを、就活6で卒論4にしていきたいなと

そうすることで、そわそわする時間を極力短くしたい

もったいないから。時間は有限。


明日から6月。

どうか私に内定を。。。