おじさん系フリーター女子の思いつかない日記

潰瘍性大腸炎になったメンヘラ女子が独り語り。

夜歩いて帰る時、

空の星を見上げるのが好き

 

暖房で火照った頬に当たる冷たい風が好き

 

寒いねって言い合って白い息が重なり合って空気に溶け込むのが好き

 

冬はそれが好き

 

 

中高時代一番好きだった先生(人間的にも、全て)が夢に出てきた

定期的に出てきてくれる

深層心理ってやつ

 

知らない誰かが教習所の話してて思い出したけど、松島さんって先生すごいいい人だった

そんなに教習担当してくれた訳じゃないのに、名前と顔覚えててくれて、見かけるたびに話しかけてくれた

私そんな人懐っこくない(ように見える)から、あんまりそういうことないからすごい嬉しかった

雨が降っていた夜、外で、私は気付かなかったのに効果測定どうだった?って話しかけてくれたの、とても印象深い

とてもとても嬉しかったから

会社が嫌で嫌でたまらなくて、ちょっとの優しさが身に染みた

ああいいなあああいう人と一緒になれたら幸せなんだろうなあって思った

 

私の周りの人達かなり人間的にレベル高い人多いのになかなか私と一緒になれる人がいない

 

そういう人はもう先に人がいるんだよ

超人気店みたいに

 

私の周りは人気レストランばっかりで結局いつも変な店ばっかりだよ、ガラガラの

 

自分の長所を理解してそれを伸ばしてあげるのってすごく難しい

女としての人間としての魅力もそうだし、向き不向きとかね

 

いつももったいないって言われる

 

わかる、私もあと一歩な感じがすごいする

あと一歩のところでどう進んだらいいかわからない

沼にはまっちゃうの

あと一歩でかなりいいところまで行ける気がする、周りもそう言う

女として、人間としての魅力の話もそう、仕事もそう、勉強もそう、全て、生きる全て

 

そう言ってくれてすごい嬉しい、けどね、誰もわからない、私が沼から抜け出す方法を

 

自分でわからないならわからないってすごい意地悪なこと言う

 

意地悪のつもりで言ってるのではないと思うけど

 

わかってて気づいてないのかわかってないのか自分でもわからない

 

大人になるにつれてそう言われることが増えてきたし、だから自分でも抜け出そうとあれこれやってみてるけどやっぱり抜け出せない

 

きっかけが行方不明

 

もう沼にはまっていなくなってしまいたいって思うくらいずっとはまってると思う

 

こっから引っ張り出してくれる人っていないのかな、人じゃなくて物でもいいんだけど

自分の力だけで抜け出すしかないのかな

 

つらいさみしいし悔しいし

 

円覚寺の1泊修行とかやれば何か見つかるのだろうかきっかけ